当サイト内の画像及びイラスト・写真等、全ての内容につきまして無断転載・転用を固くお断り致します。
また、管理人が不適切と感じたコメントは予告無く削除させて頂きます。



愛おしく、とても大変でとても大切。 ただそれだけ。
いつもの方、初めての方、検索から来られた方、楽しんで頂ければ幸いです♪


※初めましての方は「ブログについて」「サイト・管理人・彼女たちについて」をご一読頂けると助かります。
※テンプレートについては「 共有テンプレートについて 」に詳しく書いておりますのでそちらをご覧下さい。


管理人へのメッセージは、コメント(非公開・ハンドルネーム可)、もしくはメールフォームよりお願いします。

           
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/07/10

夏着物@能楽堂



えーっと、時間が足りないのか人が足りないのかなんて不毛な話はさて置き、
年間休日が余裕の一桁ってどういうことだろうな、なんて話も丸めて捨てておき。

WP_20140714.jpg


さーてさてさて、夏着物の季節ですよ。

毎年恒例狂言の発表会を今年も見に行かせて頂きました。
何だかお疲れなので今年は楽ちんサッパリと浴衣着ようかしらねー・・・いやいや! と暫く悩んだ後、結局紫の夏お召を。


管理人の着物にしては無地率高めですが、
基本的に現代に無い色と織なので目立つのですよね、アンティーク着物。 

で、
「襦袢どうしようかしら・・・ 青に赤は五月蠅いだろうなー、、」    (1週間前)
「やっぱり五月蠅いよな・・・ 白いの買うか作るか、、、」       (3日前)
「着てない絽の白い襦袢があるから解いて縫い直そうかな。」    (2日前)
「 完成 」                                  (前日丑三つ時) 
という毎度お馴染みのスケジュール。
そしてギリギリ仕事を抜けて着替えて向かうので休憩する暇もなく、
電車で野菜ジュースを飲み、夜更けに「 ごはんごはん~! 」と知り合いの店に向かういつものパターン。




WP_20140714 1
 (気が付けば写真すらほぼないというね)
紫の夏お召に随分前に買った縞の袋帯(洒落袋?)
帯揚げがイマイチですが中々お気に入りです。


余談:
この着物、袖丈64cmという理想の長さでしつけ付き。
何十年前だか分からないけど、きっとそこそこ裕福なお家の御嬢さんに親御さんが持たせてやったものだろうな。
なんてことを考えるのもアンティークの醍醐味だと思う今日この頃です。


着物が着たいものです。



コメントフォーム

▽ コメントの投稿



※質問などを優先しておりますので、レスの順番が前後する場合があります。

  • ※メールアドレスは管理人のみに公開されます。
  • URL    

  • コメント

  • パスワード


  • ※テンプレートに関するお問い合わせは、
    他の方も見られるように、なるべく公開コメントでお願いします。

    また、不具合・レイアウト自体を変えたりするカスタマイズについては、
    管理人も症状(状態)を確認しないと分からない場合が多いので、URLのご記入をお願いします。  (※この場合、必ずご質問のテンプレートを適用した状態でご質問下さい。

    他の方に自分のblogを知られたく無い場合は、質問内容とは別に「管理者にだけ表示を許可する」にチェックをして、アドレスのみ鍵コメで送って下さればOKです。


  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。