当サイト内の画像及びイラスト・写真等、全ての内容につきまして無断転載・転用を固くお断り致します。
また、管理人が不適切と感じたコメントは予告無く削除させて頂きます。



愛おしく、とても大変でとても大切。 ただそれだけ。
いつもの方、初めての方、検索から来られた方、楽しんで頂ければ幸いです♪


※初めましての方は「ブログについて」「サイト・管理人・彼女たちについて」をご一読頂けると助かります。
※テンプレートについては「 共有テンプレートについて 」に詳しく書いておりますのでそちらをご覧下さい。


管理人へのメッセージは、コメント(非公開・ハンドルネーム可)、もしくはメールフォームよりお願いします。

           
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/04/18

続  もこと花見2011 

では続きです~。


DSCF0393m.jpg


シートを広げてどんちゃん騒ぎの若者。
ちびっこ連れでお散歩中のご家族。
ものすごい草むらからライフル持って出てくるおっちゃん。 (今は一体何のシーズンなんだろう・・・
桜を見ながら通りぬけてゆく車。



それぞれの週末。

老犬もまだまだ歩きますよ~。



DSCF0388m.jpg


ファインダーを覗き込むのに邪魔で眼鏡を外して石の上に置いたら、
しばらくして「 あ゛あ゛ぁぁぁぁ! 眼鏡! 」 引き返し引き返し --;;



DSCF0395.jpg
▲でもホント、また霙でも降るんじゃなかろうかというほど毎日寒くてですね、山にもまだ雪が残ってます。




最後に本題の桜でも。。

DSCF0402.jpg




寒すぎたせいか、咲きっぷりはいまいちですが綺麗は綺麗。
やっとほぼ満開です。



DSCF0404.jpg


DSCF0378.jpg



君と、あと何回こうやって桜が見られるだろうねぇ。
また行こうね。



DSCF0385.jpg



本年のモコとお花見終了。

長々お付き合い頂きありがとうございました(*^ー^)ノ


スポンサーサイト
2011/04/17

もこと花見2011



あっという間に今月も〆日が迫ってきたなーとカレンダーを見ておりましたら、
なんでこんなに休み多いんだろーと思いまして、今更ながら来月はGWだということに気付きました。
(、、、だって社会人になって以来GWに休みだったことないなど無いのだもの。)


さてさて、
春のせいか、少々疲れがたまってるのか、眠くって仕方ない今日この頃ですが、
桜も終わってしまうということで、ヒーターの上で本日も午後のおねむタイムに入ろうとしている老犬を起こして(笑)お散歩に行ってまいりました。

写真たっぷりでどぞ。


DSCF0394.jpg
▲春だねぇ




カメラバックにカメラと小さな水筒(彼女用)を入れて、ひたすらてくてく。





DSCF0413.jpg
▲時折 ついてきてる? と振り返りつつどんどん行きます。





DSCF0415.jpg



▲田んぼへの水の引き込み所。
▼あっち側へ行こうと思ったら、上の写真の橋を渡るのを断固拒否されたので、少々お留守番  笑 



DSCF0424m.jpg




DSCF0407.jpg


▲イタドリのシーズンですね~
山菜の一種で、昔は皮をむいてそのまま砂糖をつけておやつだったそう、、、、、ですが、そのままでは現代人には青臭すっぱくてお世辞にも美味しいとは言えません ww
手間がかかりますが、きんぴらや煮物、ジャムや漬物などにして食べます。


▼藪椿も満開~




DSCF0410.jpg



あれ、花見なのに桜の写真が --;; トッタハズナノニ

もうちょっとあるので次に続きます~



2011/04/12

近況報告。


moco 008





あっという間に4月も中が近づいてきました。
先日、22年度の仕事がややアウト風味の滑り込みセーフ(どっちやねん)で何とか22年度中に終わりまして、
1ヵ月少々ぶりの休日に犬洗濯をしたのだけれど、

普段晩御飯時にしか会わないので、「 あんたたまにはお日様の下で写真でも撮ろーよ 」と連れ出したけれど、
2、3枚撮ったところで分かるか分からないか程度の極々小雨が降りだしまして、
なんのこたない、一人でそそくさと帰って玄関前で「 雨だ、寒い、開けろ 」と待っているヘタレな老犬でございます。  


すっかりアンダーコートが抜けて夏仕様になりました。



局地的雪国なもので、この日はまだ山の方にうっすら雪が残っておりましたが、
ここ数日やっとぽつぽつと咲いている桜を見かけるようになりました。



--------------------


さて、習慣とは流石と言いましょうか、
日に何度か姿を探し、気配で目が覚めたり(地震では起きないくせにーー; )しますが、
もう何も倒されないし、洗い物のスポンジは片付けなくてよくって、靴下が片方無くなることも無く、
マットが3日で破壊されることもなく、ふと目を覚ますとオレンジの瞳が覗き込んでいることももう無いなんて何だかとても不思議な気分というのが正直なところです。


命あるモノと暮らす宿命で、悔いや無念さは戒めにするものであり、
ここで書くことは多分ありませんので何卒あしからず。




っと、我が家も、世の中も色々ありますが、
今日も一喜一憂の老犬を筆頭に、慌しく、忙しなく、愛おしく、元気に過ごしております。




2011/04/08

形見。



災害だったり、事故だったり、病気だったり、
家族だったり、ペットだったり、顔もしらないご先祖様だったり、
色々な場合があるんだろうけど、


今生命があり生きている生き物が、
たとえ今生きている労力を費やしてでも失った命の欠片を欲するなんてのは、


なんとも人間臭い(人間らしい)感情だなぁ とふと思うのです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。