当サイト内の画像及びイラスト・写真等、全ての内容につきまして無断転載・転用を固くお断り致します。
また、管理人が不適切と感じたコメントは予告無く削除させて頂きます。



愛おしく、とても大変でとても大切。 ただそれだけ。
いつもの方、初めての方、検索から来られた方、楽しんで頂ければ幸いです♪


※初めましての方は「ブログについて」「サイト・管理人・彼女たちについて」をご一読頂けると助かります。
※テンプレートについては「 共有テンプレートについて 」に詳しく書いておりますのでそちらをご覧下さい。


管理人へのメッセージは、コメント(非公開・ハンドルネーム可)、もしくはメールフォームよりお願いします。

           
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/11/23

続 料理とモコ。 


DSCF6776.jpg

▲オレンジを放置している間に林檎ジャムの下準備を・・・・・っと言いたい処ですが林檎はすっかり写真を取るのを忘れてましたーー;;

文だけで失礼。

(まー林檎は皮が無い分簡単というかちょっとつまらないというか・・・・。)
林檎は食感の残るフジと煮崩れ易い紅玉を使用。
オレンジと同じく、カットしてワイン少々と砂糖を加えてしばし放置。


▼んで林檎を放置してる間に先ほどのマーマレード煮ます。   (写真の奥は放置中の林檎。
アクを取りつつ、味見しつつ、適当に砂糖とワインを足しましょう。
かなりしっかりほろ苦いので、砂糖もしっかり効かした方が美味しい。

ピンクグレープの色が綺麗。
DSCF6778.jpg

しばらくしたら林檎も煮始め、こちらも丁寧にアクを掬いながら煮ていきます。
林檎には途中でレモンを加えるのをお忘れなく。   (ペクチンでも可だけど、少し酸味が入った方が美味しい。


冷めるととろみが出ます、、煮詰めすぎに注意。



DSCF6783.jpg

▼▲最後にシナモンを振りかけ、熱い内に瓶詰して完成。 ( 勿論味はめちゃうま。 )

DSCF6782.jpg



この後ケーキを2種類焼いたのですが、1枚も写真を撮ってませんでしたwww
ぜーーんぶで、占めて合計7時間ほど、あー楽しかった。

あ、食べるというより作るのが好きなので大量に作りますが、少量なら作るのも楽です。
( てゆーか ワタクシ どちらかというと甘いものは苦手だったりww・・・・・ )








DSCF6769.jpg
その頃の犬様・・・・・
時間は午前6時をまわった辺り・・・・・・・撃沈ww     (まったく、人騒がせな奴め^^;;
    


世の中は連休だそうで、、、
あー・・・早く正月休み(といっても3日あるかないか)にならないかなぁ~・・・。


スポンサーサイト
2009/11/23

料理とモコ。


まー月に1回以上はあることなんで、
いつものことと言えばいつものことですが、モコが盛大に吐きまして。   (前日分の食事全部

後、季節の変わり目ってのもあるんでしょうが、
何かのスイッチが入るようにたまにパニ(寂しくて鳴きまくる)くりまして。

一応元気そうなので一晩経てば収まるだろう・・・
ってことで、本当は帰ってやるつもりだったけど実家のキッチンを拝借してスタート。



まずはジャム2種類。

DSCF6739.jpg
▲ルビーグレープとオレンジ。
自家栽培でもない限り、薬剤&ワックスがかかってるので作る前にしつこく洗いましょう。

DSCF6741.jpg


▲▼まずは皮の下準備。
皮を剥いて裏のワタ(白い部分)を削ぎ取ります。
ほろ苦さがイヤな場合はもっとしっかりワタを取ると和らぎます。    (私はこのほろ苦さが好き。

ワタを取ったら1mm弱の千切りにし、
アクを取るために”たっぷりのお湯で茹でて→ザルにあける”を2回繰り返す。


DSCF6750.jpg


ちなみに、マーマレードジャムとオレンジジャムは別物です。
マーマレードとは=柑橘類の皮のジャムのことです。    (私の場合は果肉もぜーんぶ使いますが、、

※砂糖煮の皮を砂糖を振りかけて乾燥させるとピールになります。  (これはこれで旨いっ

後、余談ですが、ステンレスの包丁が嫌いです。    (理由は簡単、研ぎ心地が悪いから。
なのでハガネの包丁を使いますが、果肉だけは鉄臭くなるのでステンレスで切りましょう。。











その頃の犬様・・・・・・・・・   
人間が帰る様子が無いので安心したのか 包丁の音を聞きながら コックリ、コックリ・・・

(飼い主に似た・・・・と言えなくもない。。。ーー;;)









DSCF6772.jpg


▲▼鍋に、切った果肉と茹でておいた皮を入れ、
ワイン少々(ブランデーでも美味しい。)とグラニュー糖と上白糖を7.3くらいで適当に投入してしばし放置。


DSCF6773.jpg




続く。。。
2009/10/29

秋ジャム。

無花果と林檎を頂きまして、無花果は時期が悪くて痛みかけだったので全部纏めてジャムに。
ついでに、秋グミの季節よね~ってことでこれも追加。

レシピは自己流なので参考程度で。





DSCF6652.jpg
▲ベリーもそうだけど、赤い実って無条件に可愛い。
で、如何にも美味しそうだけど、これは渋くて生食には向かないww

◆まずはグミの下ごしらえ。
 丁寧に枝から外して、実を潰さないように気をつけながら良く洗う。
 ほんの少量の赤ワインで実が柔らかくなるまでを煮る。
 (グミだけでジャムにする場合は洗った水分だけで十分。)



DSCF6654.jpg


◆種を取る為に裏ごしすると、ビビットピンクのピューレが完成。  (もうちょい水分少なくても良かった・・・
 ただのグミジャムにする場合は裏ごし後、鍋に戻して砂糖とレモン(柑橘なら大抵可)を加えて少々煮詰めれば出来あがり。


DSCF6655.jpg




◆無花果を剥きましょ~   (かゆかゆになるので手袋必須
 今回は熟れ過ぎてるのですでに原型ありませんが、基本的に無花果は切る必要無し。
DSCF6658.jpg


◆ちなみに今回の材料は 
小さめイチジク 15コくらい 
リンゴ 1コ
秋グミ あるだけww (両手いっぱいくらいw
砂糖 100g弱
小さめ酢橘 5コくらい  (レモンでも可、というか普通はレモンを使います・・・・ あ、ペクチンそのものでも可。

▼全部纏めて煮まーす  (リンゴは歯ごたえを残すために大きめに。
 ひたすら丁寧に無心にあくを掬うのはほんと楽しい。
DSCF6663.jpg


▼煮てる間に保存容器等々の煮沸消毒をお忘れなく。
 しばらくグラグラ沸騰させたら網に上げて自然乾燥させておきます。
DSCF6669.jpg


◆絶妙なところで火を止め、お好みでシナモンを入れて完成。
 熱々の内に瓶詰してしっかりフタをしめましょー。  (密閉になります。
DSCF6670.jpg



量が少ないので、あんまり作り応えがないのが残念ですが、  (この3倍くらいあればかなり楽しい・・・・
ほんのりワインとシナモンが効いててめちゃめちゃ旨いです♪♪

といっても、作ったものを食べるのは味見で十分なので、あちらこちらに配って無くなるでしょう。。


2007/05/22

いちご、いちご。

そんな時間が何処にある?。 っという問いかけも虚しく買ってしまった、、いちご7パック。 

今年はいちごジャムは無しかな~っと思ってたけど
1パック150円とかだったら買うっきゃないでしょ ww


DSCF2784.jpg
午前二時、延々ヘタ取り、、、無心って素敵。


DSCF2787.jpg
材料は適当。。
ざらざら~っとグラニュー糖
どばどば~っとあまり物のアルコール(今回は赤ワインとブランデー)
適当~にシナモン振って後はひたすらアク掬い~♪

アルコールがとびきらない内にちょっと味見が最高ー♪



DSCF2800.jpg
出来上がり。

7パックと言っても出来上がれば瓶3個分ほど。。
やっぱり10~15パックくらい無いと作りがい無いな、、、汗

料理は作ったら食べない、食べるときは作らないです。
え? 変??w
なのでこのジャムも、実家にあげて、友達にあげて終了ですw

「料理がしたい!」と思う時は、したいだけで食べたいわけでは無いので、
そして食べたいときは作りたくない、、、汗汗

パン焼きたいなー  
タルト作りたいなー


・・・・・・・・・また今度。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。