当サイト内の画像及びイラスト・写真等、全ての内容につきまして無断転載・転用を固くお断り致します。
また、管理人が不適切と感じたコメントは予告無く削除させて頂きます。



愛おしく、とても大変でとても大切。 ただそれだけ。
いつもの方、初めての方、検索から来られた方、楽しんで頂ければ幸いです♪


※初めましての方は「ブログについて」「サイト・管理人・彼女たちについて」をご一読頂けると助かります。
※テンプレートについては「 共有テンプレートについて 」に詳しく書いておりますのでそちらをご覧下さい。


管理人へのメッセージは、コメント(非公開・ハンドルネーム可)、もしくはメールフォームよりお願いします。

           
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/05/20

卵からイモリを育ててみよう 10  



さてさて、
梅雨で肌荒れだわ、暑いとバテるわ、忙しいわ、とかなんとかで相変わらずの今日この頃、     (体感的に湿度がぐんと上がる5月からはもう梅雨だと思っている。
色々整理しようと思いつつ、多分今月もこのまま月末戦争に巻き込まれていゆくのでしょう。。

・・・・どうしましょう(いや、どうしようもないが)6月ですよ、また半年が過ぎるじゃないですか、、。
元旦に、八割本気二割冗談で言っていた”次の連休は正月です”というのがのがいよいよ本当になりそうで、ありがたいやら悲しいやら。

そろそろメイン90mcをリセットしたいのですが・・・・・・・夜中かぁ --;;




少々の睡眠では回復できなくなったのはやっぱ年ですかね?  


------------------


と、そんなどーでもいい前置きはさておき、イベトゲ(笑)の「no.10」いってみよー ヽ(=´▽`=)ノ



DSCF7727_20100519152732.jpg

▲すくすく育ちまして、すっかりウパっぽく・・・・・・・・っておいっ!   (注 ▲イモリです
流石似たような生き物だけあって、変態してないとまるっきりウパ。




▼ほっそい手足でペタペタ歩く姿が可愛い。

DSCF7726.jpg



実は、そこそこのサイズを超えると共食いが凄くってですね、   (視力が弱いので餌と間違って噛み付いてるだけなのですが。
全部を単独飼いにするのは、スペース的にも機材的にも世話的にもかなり大変なので、予定よりちょっと早いが巣立って頂きましょう。

ってことで、
”デカイ奴に体長の1/3以上を齧られて、それでも生きてるってすげー”なんて奴を含め、現在残り10匹ほどだけがいます。
(生きてさえいれば、欠損部分はそのうち再生します。)  


最終的には1~2匹だけ手元に残す予定。




DSCF7715.jpg


あっそうそう、「no.9」の時に赤虫を食べられるサイズになったので与えてます~てなことを書いてましたが、
その後も極々普通に解凍してそのまま与えてましたら、5匹ほど喉に詰まらせて死なせてしまいました、、、 (ノω・、) ウゥ・・・

最初原因が分からなかったのですが、ひっくり返して良く見ると、皆喉元に赤いものがつまってたので多分そうだと。


教訓、ベビーには赤虫細かく切って与えましょう。





では、no.11へ続きます♪

スポンサーサイト
2010/04/15

卵からイモリを育ててみよう 9  【 日々成長 】


ではでは、イベトゲ(笑)のno.9です ヾ(@⌒ー⌒@)ノ


DSCF7539.jpg
▲小さい方もほぼ全員赤虫を食べられるようになりました♪ 
(お腹の膨らみ具合を見て、あまり食べられてない奴のみ後で別容器に移してブラインを食べさせてます。)


フィルター(ブクブク)投入。
しょぼいろ過でも、有ると無いとでは水の汚れが全然違います。




”足が生えた”と言うものの、最初はぶらーんと付いてるだけでほぼ飾りのようなものだったのですが、
やっと”歩く”っぽい動作をするようになりました。    ( いよいよイモリっぽくなってくるかな??







DSCF7545.jpg

もぐもぐ

DSCF7552.jpg


フワフワなわけでも無ければ名前を呼ぶと寄ってくるわけでもありませんが、
日々スクスク成長していく姿を見ているとごく自然に「 可愛いね~ 」と思えるから不思議です(まー元々ある程度好きですが)。   (節穴とゆーか 親馬鹿とゆーか、、、
2010/04/08

卵からイモリを育ててみよう 8  【 孵化 】

日々広がっていく飼育スペース、、もうすぐ机いっぱいになりそう・・・・orz



DSCF74433.jpg


ウパを足していよいよ数が100匹を超え、どーしたものかとイモリ水槽を眺めてまして、、、



「 ・・・・てゆーかさ、君らそろそろ人工餌食えるんちゃうん?  てゆうか食おうよ?  てか食って下さいお願いします<(_ _)>ペコペコ  笑 」



ってなことで、人工餌に移行してゆくわけですが、
いきなり100%人工餌にするのは到底無理なので、まずイモリ達をサイズ別に分けまして、以下のような内容の餌に変更。


■ イモリ(大) ■ ⇒ 人工餌(めだかの餌・細かくした糸ミミズ&赤虫) +ブライン少々。
■ イモリ(小) ■ ⇒ ブラインメイン + 糸ミミズ少々。



難点はこれでもかと言うほど水が汚れること ーー;;   (フィルター買ってこなきゃー



▼ベビーじゃありませんが。。。

2010/04/06

卵からイモリを育ててみよう 7  【  食事量  】

前回のお引越しからすぐまた引越しまして、広々です。。



さーて、当然ながら成長すると食べる量も増えるわけで、もう食べ残しなんてものは無く、
沸かした(孵化した)ブラインを大量に放り込んでもあっちゅーまに すっぺりお腹に収まってしまうわけで、いやーホント、かーちゃん大忙しだよ、、、orz



この上ウパまで孵ったら、多分もうちょっとブライン量産出来るようにしないと足りないだろぅなぁ~・・・・・。。





水換え前・・・・きちゃない。。





2010/03/29

卵からイモリを育ててみよう 6  【  足  】

お正月に取ったきりなので、(といっても2日だけど、。
そろそろ一回くらい連休があってもバチは当たらんだろーと思いまして、
セコセコ仕事をやりくりしてましたが、、、どーあっても1日半が限界そうです・・・・・・・・・。


さて、そんなこんなでマトモな睡眠時間を確保しますと、自由な時間は1日数時間あるかないかなわけでして、
その数時間には家事などの時間も含まれてるわけで、勿論彼女たちの世話も含まれるわけでして、
ついつい観察を怠ってましたら、どうやらこの数日で足が生えてきたようです、、、

ってことで「no.6」いってみよー ヽ(=´▽`=)ノ



DSCF7368.jpg


▼▲っとまーこんな感じでして、いつのまにやらほぼ全てに足が生えてました。

微妙に手が短くなってるのはやっぱ共食いなんだろーなー・・・  (両生類なのでその内再生しますけどね。



こうやって徐々に変態していくわけですが、
そもそも「 変態 」ってなんやねんという話をちょっとだけしますと、
勿論夏の夜道に裸で立っている人のこととは全然違います、あしからず  (笑




▲▲▲▲▲▲っとここまで書いたのが3日前なのですが続きを書く余裕がありませんで、
でも日々成長してしまうので中途半端ですがUPしまーす。   (変態の話は次回へ♪♪





DSCF7362.jpg
▲あちらも、こちらも、足にょきにょき。。


2010/03/19

卵からイモリを育ててみよう 5  【 ガス? 空気? 】


DSCF7343.jpg
▲【只今の全景】随分大きくなって手狭になってきたので、約倍ほどの広さのプラケースにお引っ越し。


イモリは大人になるまであまり水換えをしない方が良いという話も聞くけれど、
一日経つと結構汚れるし、かといってフィルター付けると吸い込まれそうなので結局毎日水を換えてます。




ブラインを食べるようになってから、毎日何匹か仰向けになって「 プカァ~ 」っと浮いてる奴がおりまして、
最初は『 あぁ 死んじゃったのかなー・・・ 』と思ってましたが、どうやらそうでは無いようで、
ガスなのか空気なのか分かりませんが、間違ってお腹に空気が入ってしまうと排泄物と一緒に排泄されるまで沈めなく ( 沈みにくく ) なるようです。

仰向けになってる奴も仰向けのまましっかりブラインを食べているのでほっておいて大丈夫そう。





DSCF7180_20100319004712.jpg




毎日見てると「ちょっと大きくなったかな」と思う程度ですが、
「▲これ」が20日程で「▼これ」になったんだから随分成長したなーと思います。

まーでも まだまだ変態前の超ベビーですが。




DSCF7339.jpg







おまけ。  ▼そうして今夜も奴の視線が・・・・・



(▼▲良く見ると確かにちゃんと似てる・・・・)
DSCF7345.jpg
2010/03/15

卵からイモリを育ててみよう 4  【 手が生えてます~ 】



実は風邪を頂きまして。
全くもって時間が空かず、(毎度のことですが)気力で治した次第です。   (おいっ

インフルエンザのタミフルもそうですが、発症して2日以内くらいに飲まないと意味ないじゃないですか。
となると、フラフラ仕事しつつ「今日は無理」「明日は無理」と言ってると病院に行くタイミングが掴めなくなります^^;;



DSCF7291.jpg


ボケてて見にくいのですが、
体に対して横方向に出ているフサフサしたエラ?とは別に、後ろ方向に伸びてる物体があるのが分かるでしょうか?

そう、手です♪


成長したから目視出来るようになったのか、生まれた時からあったのかは不明、
同じ両生類でも、おたまじゃくし(カエル)は足から、イモリは手からなんですよね~、、、 不思議。。




すくすく・・・・・なのか分かりませんが、まぁ一応元気そうに育っています。

とゆーか、 1日1回の水換え と、 1日2回のブラインシュリンプ のセッティングで、結構手一杯です。


2010/03/05

卵からイモリを育ててみよう 3  【 飼育環境&ブラインシュリンプ 】


DSCF7227.jpg



本日全部孵化しました。
多すぎて正確には数えられませんが、奇形の奴やら未熟児含め50匹前後かと。


で、当然ながらいつまでもヨークサックで生きられる筈もないので、何かしら食べさせなければなりません。
自然界では微生物とかプランクトンとからしいですが、聊か入手困難なので、やっぱブラインシュリンプですよねー となるわけです。


▲▼ってことで食事中風景。
食事と言っても、鼻先をかすめたプラインに食らいつくという方法なので大量に投入する必要があります。
よって、半日後には8割方がゴミ(死骸)になるわけです、、、orz  (食べ残しのブラインを掬うのが早いのか、イモリ達を掬う方が早いのか迷う瞬間・・・・・



DSCF7226.jpg



-------------------------

▼飼育環境。
いつも処理に困るチャームさんの発泡スチロール箱の特大が大助かり。  (縁にテトラミニライトがピッタリ。
まだまだ寒いのでマットヒーター(サーモ無し)を敷いてます。

小さい丸い容器は未熟児の4匹が、大きな四角いのには残りの子たちが入ってます。   (ビーカーはブライン沸し中。
DSCF7239.jpg






ってことで、

■ 手軽にブラインシュリンプ沸しましょ ■



やったことある方はお分かりかと思いますが、説明書道りの方法だとかなり面倒です。   (個人的に、エアレーションの水はねがとっても嫌。
たまーにならともかく、しばらくの間毎日結構な量を必要とするので ^^;;


一般的に【 皿式 】と呼ばれる方法で基本的に放置なので楽ちん。。




DSCF7234_20100305142521.jpg
■必要なものを用意。
容器は2Lのビーカーですが、底面積がそこそこあるものなら何でも可。   (我が家は50ml~10Lまで各種ビーカーがあるのです (笑

ビンに入ってる白いものは人口海水(インスタントオーシャン)です。
でも普通の天然塩や純粋なタイプの食卓塩でも可能らしい。




DSCF7230.jpg
■ 海水を作ります。

水位は▲これ(約2cm)くらい。   (深くすると孵化率が下がる&孵化に時間がかかります。

濾さずにイモリ水槽に投入することを考えて濃度は薄めにしてます。  (500mlの水に塩小さじ1くらい。
水は調子の良い90cmメイン水槽から拝借してるので、カルキは抜けてますが、水道水でも大丈夫な気が・・・・。


DSCF7235.jpg
■ブラインシュリンプエッッグ投入。  (ブラインは必ず水を入れた後に。

量はサラサラ~っと表面に広がる程度。   (テキトーでOK




後は暖かいところに置いておくと、約24時間後には孵化している筈です。
低温だと孵化率が落ちるので、夏場以外はマットヒーターを敷くと手っ取り早いかと。

孵化すると、表面に卵の殻が、中層にベビーブラインがいるハズですので、中層のみスポイトで吸い取ってそのまま飼育水槽に投入。

一日経つと栄養価がガタッと落ちるらしいので早々に使い切りましょう。
余ったらブラインは熱帯魚、特にローチたちの好物です (笑





■最後に食事風景   (ピントがあわないー・・・ ーー;;

さっぱり見えませんが、時たまぴょんぴょんしているのがブラインを食べてる瞬間です。
2010/03/04

卵からイモリを育ててみよう 2  【 孵化 】


てことで、日々ぞくぞくと孵化しております。
どれがどれだかわかんなくなりそうなので、自分メモ含めupします。


【 2/14産卵分 】

DSCF7220.jpg
■ 2/28~3/4までに孵化した子達。 ( 30匹 )

全部元気に育ったら、それはそれで困るんだけど、今のところ皆元気です  ^^;;
生まれてすぐはお腹にヨークサック(親からの栄養袋)があるのでバランスが悪く、良くひっくり返ってますが、ちゃんと全部生きてます (笑





DSCF7215.jpg
■ 2/28 までに孵化した子達。 ( 4匹 )

輸送のショックなのか、たまたまなのか、かなり未熟児で生まれた子達です。
数匹落ちまして今日現在残り4匹。
大分それらしくなってきましたが、やっぱ発育が悪いし、餌食いもいまいちなのでもしかしたらダメかもしれません、、、。 (頑張ってー




DSCF7219.jpg
▲まだまだ孵化待ちの奴らもおります、、、、、^^;;



あー忙しや、、
2010/03/03

卵からイモリを育ててみよう 1  【 卵 】



DSCF7180.jpg
▲この写真ではわかりませんが卵の周りにはとろっとした粘液?のようなもので覆われています。
カエルの卵を見たことある方ならわかると思いますが、あのヌルッとしたやつです。




ということで、何を間違ったかイベリアトゲイモリの受精卵を仕入れてしまいまして。
5mmほどのゴミのような物体をせっせと育てている今日この頃です。


ところで、卵と言えば小さい頃近所の田んぼでカエルの卵を見つけてまして、持って帰って浅い入れ物に水を張って飼って(?)ましたら、
生まれて、足が生えて、手が生えて、そうこうしている内に全部いなくなっちゃって 悲しかった・・・(ノ△・。)  なんてことをしていたのを思い出します。     (、、、、進歩なしΣ(・ω・ノ)ノ!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。