当サイト内の画像及びイラスト・写真等、全ての内容につきまして無断転載・転用を固くお断り致します。
また、管理人が不適切と感じたコメントは予告無く削除させて頂きます。



愛おしく、とても大変でとても大切。 ただそれだけ。
いつもの方、初めての方、検索から来られた方、楽しんで頂ければ幸いです♪


※初めましての方は「ブログについて」「サイト・管理人・彼女たちについて」をご一読頂けると助かります。
※テンプレートについては「 共有テンプレートについて 」に詳しく書いておりますのでそちらをご覧下さい。


管理人へのメッセージは、コメント(非公開・ハンドルネーム可)、もしくはメールフォームよりお願いします。

           
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/10/13

そのよん。  夏の終わり




管理人は、昨日草刈り機と混合ガソリンを引っ張り出して来まして7時間程草を刈りましたら絶賛節々が痛い。
「それやるの!?」とドン引かれたが、そういやあんまり女の人がやってるの見たことないよな。

で、ちょっとだけ待ってくれないか時間。 とか思っている内にあっという間の一カ月である。
もはや年末風味で慌ただしくていけないねぇ。


PhotoChooser-895b80a9-7c86-4a3a-ba93-7c9163cda68f.jpg




そんなこんなで書きそびれていたが、今年最初で最後の夏着物を着て、友人と京都をふらふら、そして上七軒歌舞練場のビアガーデンへ。
舞妓さん可愛い! 芸妓のお姉さんお綺麗! とわーきゃー言いながら酒を飲むひと時。 楽しい。
大して飲めないし飲まないけど誰かと呑むのは好きですよ。 




11949546_526472580843064_1192413687937241292_n.jpg


紗の着物に合う夏帯がなかったので、困ったときのいい加減な袋帯。
京都は着物で行くにはもってこいなんだけど、合わせには気を使うのよね。
11899802_526309274192728_5916839016927043028_n.jpg


着物着たい、どっかいきたい。

スポンサーサイト
2015/02/04

2015 お化髪。




節分、立春、 春ですね。
まぁ管理人は大寒辺りからあちこち痒いので「 春だなぁ 」と思っておりますが。


WP_000577 (2)



で、節分厄除けしましょうよってことで、お化髪に参加しました。
(そうは言っても全然写真が無いのだけど)

相変わらずの丑三つ時起床の強行スケジュールですが、
毎度花魁・太夫を始め和装いっぱいで楽しい。
勿論何キロやねんという打掛のお蔭で全身鈍痛ですがね。



皆様ありがとうございました!  

2014/09/08

単衣の季節。





えーっと、えっらい忙しいわりには着物を着ております。



WP_20140908 2
お盆に一瞬着てた竹模様の浴衣。 
さらっとした生地で着たいなーと毎年出してはどうにもしっくりこなくて着ずじまいというパターンなんだけど、今年は着てみました。
うん、どの帯もしっくりこないしそもそもあまり似合わないなー orz   (これはもう着ないかもしれないな。。




WP_20140908 3
薄物もちょっとだけ着ました。
買ってはみたが意外と地味で合う帯が無いじゃないのと箪笥を漁ってたら、
”ずーーっと実家にあるのは知ってるけど誰かが使ってるは見たことが無い”という桔梗の夏帯が意外と合って嬉しい。 
(多分祖母が買ったものだと思われる)





WP_20140908.jpg
で、9月に入って単衣の季節ですよっということで、
お世話になってる方に「 着物着てきてね! 」と観劇に連れて行って頂きまして。 
何着ようかね~と考えつつ、折角なのでちょっと華やかなものにしようとかも思いつつ、
結局趣味丸出しの変わり青海波の単衣に織り出し袋帯。  青海波大好き。  (天気のいい日だったので、小物だけ夏物。
若干秋感が強すぎる気がしなくもないのだけど、まぁ最近涼しくなったしいいかなと。

一同とお別れした後は、お酒片手に友達のお祝いごとへ移動。
いやはや、めでたいことは嬉しいね。

2014/07/10

夏着物@能楽堂



えーっと、時間が足りないのか人が足りないのかなんて不毛な話はさて置き、
年間休日が余裕の一桁ってどういうことだろうな、なんて話も丸めて捨てておき。

WP_20140714.jpg


さーてさてさて、夏着物の季節ですよ。

毎年恒例狂言の発表会を今年も見に行かせて頂きました。
何だかお疲れなので今年は楽ちんサッパリと浴衣着ようかしらねー・・・いやいや! と暫く悩んだ後、結局紫の夏お召を。


管理人の着物にしては無地率高めですが、
基本的に現代に無い色と織なので目立つのですよね、アンティーク着物。 

で、
「襦袢どうしようかしら・・・ 青に赤は五月蠅いだろうなー、、」    (1週間前)
「やっぱり五月蠅いよな・・・ 白いの買うか作るか、、、」       (3日前)
「着てない絽の白い襦袢があるから解いて縫い直そうかな。」    (2日前)
「 完成 」                                  (前日丑三つ時) 
という毎度お馴染みのスケジュール。
そしてギリギリ仕事を抜けて着替えて向かうので休憩する暇もなく、
電車で野菜ジュースを飲み、夜更けに「 ごはんごはん~! 」と知り合いの店に向かういつものパターン。




WP_20140714 1
 (気が付けば写真すらほぼないというね)
紫の夏お召に随分前に買った縞の袋帯(洒落袋?)
帯揚げがイマイチですが中々お気に入りです。


余談:
この着物、袖丈64cmという理想の長さでしつけ付き。
何十年前だか分からないけど、きっとそこそこ裕福なお家の御嬢さんに親御さんが持たせてやったものだろうな。
なんてことを考えるのもアンティークの醍醐味だと思う今日この頃です。


着物が着たいものです。



2014/01/16

着物始め。


WP_000264.jpg


今年は取引先の新年会で着物始めでした。
矢絣のお召の着物にアンティークの金糸名古屋帯、お洒落紋付の長羽織。 小物は適当に。
新年なので少しだけ華やかに、気張らずそこそこ正装に・・・なっただろうか。。

いや、ほんとはお正月ですからもうちょっとはんなりとした着物とかがいいんでしょうけどね~、、
着物は数あれど、趣味じゃないのでそんなの一枚も持って無いのですよね(笑

こんな色の洋服絶対買いませんが、着物だと難なく楽しめるから不思議なものです。



----------------



ついでに滑り込みで「雅風展」へ。 (国内最大級の小品盆栽展)   
とか言いつつカメラを持っていってないのでロクな写真はないのですが、、汗

盆栽好きとしては、
眺めれば眺めるほど、もはや「世界」であり「宇宙」であり、見ていて飽きません。
来年も行けたら行こう。


WP_20140112 11

WP_20140112 5WP_20140112 9



新年会で頂いたお酒にほろ酔いつつ、ふらりふらりとあちこち歩き回り。
今年も着物が着たいものです。

2013/12/19

年の瀬と着物

WP_20131219 1


引っ越しから9カ月ほど経ちまして、、やっと整理が終わりそうな一画。

勿論、写ってるものが全部ではありませんが、
若干処分したものもあるので結構減った気が、、、キノセイカシラ、。


結局、紬・小紋くらいはこうやって積んでおくのが一番湿気らず一目で分かって楽だったりします。 (ホコリよけに布は掛けるけども。





2013/11/30

今日この頃の人間と着物。

WP_20131123.jpg  WP_000406.jpg


いやー、寒くなりました。


先日、FBをうろうろしていたら近所で古着物屋さんがイベントされているのを発見。
仕事の合間に寄り道したら案の定一枚お持ち帰り。  

管理人には珍しい爽やか系。 
アンティークですが、八掛のデザインからしてそんなに古いものではなさそう。


派手な帯と合わせて(ぇ) 春に着たいな。  (帯なし適当試着画像で失敬



そうそう、十何年かぶりに髪を50cmほどバッサリ切りまして、ボブになりました。



んーと、書くことはたまってるのですが何分忙しないわけでして、
週の半分はPCの前で寝落ちしてる気がします。
多分今年も「 気が付くと大晦日 」コースでしょう。


では。


2013/08/29

夏着物とお出かけ。



さて、先々週は仕事終わりからの早着替えで夏祭りのお手伝い。  
先週はお誘い頂いた狂言の発表会へお邪魔。



WP_20130825.jpg
今年の会場は大津市伝統芸能会館。
土地勘がないとちょっと分かり難いですが、静かで立派な能舞台がありいいところです。
お隣?は天台寺門宗の総本山である三井寺。

日曜日、酷い天気であちこち大変なことにになってましたが、皆様のところは大丈夫でしたでしょうか?
こちらも「 え、今日着物着るの? 車運転するの? 」という降りっぷりでしたが”多分大丈夫!”という根拠のない自信で車を走らせること1時間ほど。
なんとか小雨~晴れになり事なきを得ました。




WP_000114.jpg  WP_000054.jpg
単が恋しいと思いつつまだ8月ですので大人しく薄物にし、「今年は涼しそうやね」と。    スミマセンいつも暑苦しい柄で・・・。

柄は去年同様大好物の矢絣。 交織の紗に観世水文様の紗の名古屋帯。 帯揚げは全部仕舞ってスッキリと。
アンティークの透け帯で気に入ったのって中々無いのでかなりお気に入りです。 

で、ついでにネタバレしてしまうと、実はこの着物、幅が細くて襦袢が合わなかったので誤魔化しつつお袖は着物に縫い付けてあります。。

ふふふ、なんてったって前日午前様帰宅後準備しようとしたら眠くって眠くって (笑
諦めて当日に準備したわけです、、、。  (まぁ、”アンティーク慣れ”していれば大体のことはなんとかなります

そして最近斜め掛けがまぐちタイルが好きです。  ひたすら楽で。
問題はカメラを仕舞うところが無いので、
素直に諦めるべきが、手に持ってウロウロするべきか、着物のくせにでかいカメラを斜めがけしていいものか、、、、   いつも迷います。

カメラの入る着物用がまぐち作ろうかな。。




WP_000080.jpg
祭りは毎度お馴染み母特製ド派手浴衣。
地味なのも着たいんだけど、派手なの着てねと言われるのでつい・・・。




随分涼しくなり、夏着物の季節も終わりですね。
次は単を着て出かけたいものです。
2013/02/18

今日この頃と着物あれこれ。



さて、私事ですが、目下引越し作業中でして、  (水槽が水槽が水槽が・・・  
なんといいますか、心身ともにゆっくりしたいものです。




WP_20130211.jpg


こちらもとある日のお出かけ。
友人のパーティーにてお気軽目な着物。
吹雪につき余りに寒いのでコートとストールも持参して完全防備。

矢絣のお召し、刺繍名古屋帯、絞りの帯揚げ、銘仙の長羽織。 



大体銘仙の最盛期が昭和初期なので、この羽織も多分60年以上前の物。 (昭和初期
毎度のことですが、アンティークの着物は「 誰かが何処かへ着ていこうと思い仕立てたものが、50年以上たって私の手元にある摩訶不思議さ。 」
そして朽ちることのない繊維と、色褪せる事のない染色の凄さ。 
 
ちまちま直しつつこれからも大切に着たいものだと思います。
2013/02/11

2013 浪速お化髪。


WP_000651.jpg



さてさて、お日柄のよい2月3日の節分の日。 5周年の浪速お化髪に参加しておりました。
大阪 天王寺・生玉さん、上本町、新歌舞伎座辺りを通られました方は「 えッ!? 」という着物集団を見た方もいらっしゃるかもしれません、、、、、大変お騒がせいたしました。




大阪日日新聞 (こちら  予告でのせて頂いたのはこちらDCIM0755.jpg)   読売新聞 (こちら20130204124953e5f.jpg

お化髪とは元々江戸時代より節分に厄払いとして行われてきたイベントでして、現在では祇園などの花街を中心に残っているようです。
詳しくは各新聞にも載せて頂いてるので↑のリンクをご覧ください。





WP_000640.jpg





管理人は白塗り日本髪で舞妓のような(あくまでような。)物体で参加。
遠方組みに入るので入り時間遅めで比較的ゆっくり。 (でも5時起きだけど
写真ばかりですがどうぞ。

次へ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。